FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

不動産コンサル

2016/09/13
「相続物件の運営」は、
不動産投資に関係する知識を学ぶチャンスです!


皆様、大変ご無沙汰しております。

さて、今回は一般的な相続に関係するお話です。
既にお亡くなりになられた被相続人Aさんの残された不動産があった場合、その不動産をどのようにして
運用するか、または処分するか?
勿論、家族構成、相続税の納付額とその納税時期など、多々問題がありますので、あくまでも参考です。

不動産には、
①自宅(住宅)、②マンション、ビル③ガレージ等さまざまな種類にわかれますが、
どの不動産に関しても、よく考えて、運用すれば相続人の資産として十分に活用できる方法がいくつもあります。

被相続人が必死の思いで維持管理してきた不動産を「たたき売る」事は簡単ですが、
よっぽどの理由がないのであれば、運用方法を考えて相続人のお子様やご親族の今後の大切な資産としてこれからも
資産として残せたらいいですよね。


相続税見直し、各種保険、税金の上昇など、今後の私たちの老後の生活を考えるとたくさんの不安が山積みの現代に、
不動産を自分のお金を払って買うのではなく、いわば「棚から牡丹餅」で手に入れた不動産と思えれば、
運用にも大きな利益を考えず、「少しでも利益があれば良い」、という事で運用も十分可能な場合があるのです。

不動産を運用して得るお金も大切ですが、過去に不動産投資(運用)を経験したことがない方であれば、
不動産投資(活用)をする事でそれと同時にそれまでに、とかく関係のなかった関係税務や法律、
金融機関からの借入金利などの知識も勉強できるチャンスでもあります。

実際、不動産を運営すると維持・管理するための運転資金や税金対策など、
すぐにいろいろな大きな問題に直面することも多く、
悩み悩んでいろいろなことを考えざる負えない場面に直面し、自然に勉強出来るのです。

そのような時に、私どもがお客様のご相談をいただき、その都度、アドバイスをさせていただきます。


これからの日本では格差社会がさらに広がるといわれています。
その理由の一つとして、裕福な方は「不労所得」を得ている方が多く、
金銭を貯蓄する手段の一つとして、皆さんも「不労所得」にチャレンジする機会を是非、活かしてください。




(連絡先)
不動産コンサルティング会社(賃貸管理・売買・工事その他)
お屋敷商會  代表者 石松陽一
電話075-352-1700


 
スポンサーサイト
11:49 相続コンサルティング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。