FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

長期優良住宅 Q&A

2010/05/03
 前回、
 長期優良住宅の事を書かせていただきました。
 そしたら、いくつかのご質問をいただいたので少しご紹介します。


 質問:長期優良住宅について不動産業者、工務店、建築士事務所に訪ねましたが、
    いずれも歯切れの悪い説明ばかりで結局のところよくわかりません。
    
    例えば、長期優良住宅を注文建築で建てようとすると、
    ①「某建築士はいくらかかるかわからない」とか、
    ②「設計から建物完成までどれぐらいの期間がかかるのかも、わからない」
      というものでした。
      
    さらに、
    ③「どうしても長期優良住宅が希望なら建売住宅であれば価格も明確だし、
      完成時期も比較的予定しやすいですよ」ということで、注文建築は難しいなどでした。
    
    
    ということは、
    建てる側から考えると、
    実際のところ、なかなか踏み込めないものがあり、長期優良住宅はやめて、
    やはり普通の建物にしようかな?
    と思いはじめました。
    
    本当に長期優良住宅を建てようと思うと、
    そのような問題があるのでしょうか?


答え①:そうですね…、
    そのようなご質問は確かに多いですね。
    「長期優良住宅」という言葉はだいぶ、知られるようになってきましたが、
    やはり、手続き上も、ほとんどといっていいほど実務については、
    知られていないかもしれませんね。
    弊社は長期優良住宅の「フリープラン型式」を取得したので、
    その前提でお答えしたいと思います。。

    そこで、まず、
    1つ目の質問ですが、
    長期優良住宅を建築するときの価格の不透明さ、
    これはお施主様にとって予算をあらかじめ予想できないということは、
    非常におおきな不安材料の1つですね。
   
    確かに、通常の建物価格より若干、割高にはなるかもしれませんが、
    せいぜい一般等級(下記*1参照)の長期優良住宅であれば、
    1~2割前後の割増価格が相場
ですね。    
    
    例えば、
    通常の建物価格が坪単価50万円(下記*2参照)としたら
    一般等級の長期優良住宅は坪単価60万円ぐらいです。
    また、
    もちろん前後ありますが、
    設計料も弊社では通常の建物の設計料の約20万前後(下記*3参照)の割増ぐらいで
    おさまります。
    よって、
    通常の建売住宅ではなく、注文建築の設計費用(その他手続料含む)をおおよそ35万円
    ぐらいとし、35万円と20万円を合算すると50~60万円ぐらいですね。
    
    ということで、
    まったく建築代金・設計料も予想できないものではありません。

    長期優良住宅の「型式」を取得されていない場合、
    業者さん、工務店、建築士さんによっては、
    価格、設計費用、設計時間、手続き期間など不透明な点が多いかもしれません。
    
    ですので、
    そのようなお客様の不安を取り除くため、
    
    一般にはハウスメーカーでないと、
    
    なかなか取得できないといわれている
    長期優良住宅の「型式」(かたしき)、
    そのなかでも、「フリープラン型、型式(かたしき)」を
    弊社は国土交通省指定機関より独自で取得するに至りました。

    
    その型式を取得したことによって、
    長期優良住宅について、
    お施主様の疑問点、たくさんの不安感等に、
    また、
    設計の先生方、不動産業者の方、工務店の方などのご質問等、
    まだまだ勉強不足のところはございますが、
    精一杯、お答えできると様、
    がんばっていきたいと思います。
  
    ということで、  
    長期優良住宅、または「型式」などのご質問などございましたら
    弊社担当営業までお気軽にご連絡ください。
   
    最後に、
    ②③の回答については、 
    次回にでもお話ししたいと思います。
           
    不適切な表現、乱文、長文にお付き合いありがとうございました。
  



  
 *1: ここでいう一般等級は、以下の通りです。
     ・耐震等級(構造躯体の倒壊防止)  等級「2」
     ・劣化対策等級              等級「3」
     ・維持管理対策等級           等級「3」
     ・省エネルギー対策           等級「4」
     ・高齢者など                等級「3」
 
 *2: 一般の建売住宅(約のおおよその建物価格であり
     さらに、外交工事別途とします。
     あくまでも長期優良住宅の価格を示すための目安ですので、
     通常の建物価格50万円につてはあくまでも目安の価格です。
     ご了承ください。
 
 *3 :設計料も通常の建売住宅の建物(おもに床面積30坪ぐらい、2階建)を目安にしています。
   
   

    
    
    
スポンサーサイト
14:41 長期優良住宅 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。