FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2016/09/18
 
「空家対策」について


平成25年における総務省の「住宅・土地統計調査」によると我が国の空家総数は約820万戸となっており、総住宅数に占める割合は13.5%と、実に7軒に1軒が空家という事になっていました。

管理されていない空家が増加すると、空家は勿論、荒廃し、さらにこの影響で、
景観の問題、ゴミの不法投棄、犯罪者の出入り、放火、犬猫の糞尿問題などさまざまな悪影響を及ぼしかねません。

管理不全状態の空家の放置は、所有者の金銭的な問題や共有所有者の権利的な問題等さまざまな問題が原因と思われますが、万一、近隣などに被害が発生した場合、このような問題は所有者の管理責任問題として扱われ、所有者がその損害を賠償しなければなりません。

このような事態を背景に平成27年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行、さらに平成28年1月に国土交通省が提示した「住生活基本法」も改定され空家を減少させるためその対策に本腰を入れたわけです。


弊社は空家に関してのさまざまな問題やご質問に対応させていただいております。
「空家」問題には上記以外に建築基準法とその修理工事、権利の関係、さらには相続問題と税金問題等がふくまれる場合も少なくありません。

これらの問題を解消するためには各専門家(弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士、建築士、不動産コンサルタントなど)が必要な時には私どもは各専門家とチームを組み(一般社団法人を設立)対応しております。

問題が解消されたら賃貸物件としての運用、売却など次の方向が見えてきます。
また、何らかの理由があり、運用も売却もせずに最低限の修復工事(現状維持工事)と空家管理だけの希望であれば、
「管理」だけの業務も行っております。
*「管理業務とは」・・・外部確認・清掃、除草・室内・認・通気・換気・通水・巡回報告書・郵便物の転送など

「空家」についてご質問などございましたら、いつでもお気軽にご連絡をお待ちしております。

窓口: お屋敷商會   連絡先075-352-1700  担当 石松 中尾

スポンサーサイト
11:09 コンサルティング(一般)

2015/09/12
「相続」の前に考える可能な限りの税金対策。

今回は相続対策の一つとして、今回のような案件もある、という案件をご紹介させていただきます。
今回の案件は現実的には相続はもう少し先のことですが、現在の税金対策も兼ねてどのようにさせていただくか?
というようなお話でした。

このオーナー様は賃貸マンション2棟を所有されており、
一棟つは築10年、もう一棟は築50年という建物でした。

いつものように、私たちの社団法人メンバーである各士業(税理士・司法書士など)の先生方と
この方の案件を話し合ってみました。
そして、現在の状況で改善できそうな諸問題が見つかりました。

そのお話を簡単にご紹介させていただきます。
このオーナー様は2棟の賃貸マンションを所有されていますが、
うち1棟は減価償却も既に終わり(建築時の借入資金の残債もなし)、限られた少しの経費しか発生しておらず
相続までに現金(資産)も自然に貯まってしまう、私からはうらやましい状況でした。
さらに、その所得のおかげで納付されている所得税金も高額になっていました。
(勿論、所得が増加すると市府民税も連動し高額になります。)

そこで、「税金」と「権利」との関係を各専門家で集まり議論し、
その結果、家賃収入を親族に移行し、さらに、このオーナー様の所得税の分散と今後の収益も
軽減することができそうな方法が見つけられました。
そして、そのオーナー様にご説明をさっそくさせていただき、手続きをさせていただきました。

このように相続対策は「税金」と「権利関係」を考えることで、「相続前の対策」として、今できる諸問題で事前に、
手を打つことができました。
 (また、「権利関係」では将来のトラブルになることも回避できるよう、この度の税金の事をきっかけに、
  現在、潜んでいた問題も同時に発見し、解決することができました!)

そのオーナー様には非常に喜んでいただいたことは言うまでもありません。


相続コンサルティングは各士業の先生方が一体となり、一つの案件を多方面から各々考えれば、
このように素晴らしい良い案が出る場合がたくさんございます。


そのようなことでお悩みの方がおられましたら、
是非、私どもの「専門家集団(弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・建築士・不動産コンサルティング技能士)」、

一般社団法人 相続ビフォーアフター 075-352-1707  (担当者:石松)まで、
お気軽にお電話ください。


又、いろいろな案件がございますのでご紹介させていただきます!



                                                                   石松 陽一


17:43 コンサルティング(一般)

無料相談会のお知らせ [平成25年12月4日]

2013/10/26
「無料セミナー会&無料相談会のお知らせ」
平成25年12月4日(水)開催!!




皆様、大変ご無沙汰しています。

年内最終の無料セミナー会&無料相談会を開催させていただくことに
なりました。
詳細は末尾記載の通りです。

毎回、申し上げておりますように、
無料相談会を開催させていただく私どもの社団法人は、
各専門家が集結し一般社団法人で組織している
コンサルティングティームです。

このコンサルティングチームは弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・建築士・
不動産コンサルタントのメンバーから組織されています。

「職業奉仕」として定期的に開催しているものでございます。


毎回、皆様の相談をお受けしておりますが、
相談いただく内容についてはいろいろございますが、
例えば相続問題を考えますと、「相続の問題・対策」では、
まず、資産の評価、路線価だけでなはく時価額なども把握しなければならない時がございます。
また、相続人の選定(登記名義人について)、事前には遺言、税務、権利関係を整理しなければなりません。
事後には相続資産の構築とその運用、不動産の維持管理なども相続後といえ、大切な相続問題の一つでございます。
そうすると、一人の専門家だけではその問題を見落とすことも少なくないのです。
しかし、各専門分野の専門家の知識があればより安心です。


私どもは、さまざまな問題を各専門家の立場・角度から相続問題を検討し、
結果、よりよい解決方法を導き出すためのチームなのです。


私たちが開催させていただく「無料相談会」は各専門家がご相談に応じますので、
大変貴重な機会だと自負しております。

この度は同時に弁護士より無料セミナー、「相続の基本知識について」も同時に開催いたします。
よろしければお気軽に一度、お越しくださいませ。




                    記
開催日時: 平成25年12月4日(水)
      ・無料セミナー「相続の基本知識について」: 13:30 ~ 14:30
      ・無料相談会                  : 15:00 ~ 16:30

開催場所: 京都商工会議所 第1会議室
      075-212-6400(代)
      (京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町240番地)
       ・地下鉄「丸太町」駅下車 6番出口(JR京都駅から地下鉄で約10分)
       ・駐車場  京商ビル駐車場[有料]

  
主催者 :一般社団法人 相続ビフォーアフター


*予約希望の方は、
   予約ダイヤル:075-466-6767
   受付時間  :9:00 ~ 16:00(土・日・祝は休日)


          
16:31 コンサルティング(一般)

2012/08/21
無料相談会のお知らせ



皆様、大変ご無沙汰をしています。
何かとバタバタとしておりブログ更新ができていませんでした。
すみません。

 さて、この度は「無料相談会のお知らせ」です。
私どもが組織させていただいております、
コンサルティングチームが日頃、皆様にお世話になっている恩返しということで、
「職業奉仕」の一貫として定期的に開催しているものでございます。

このコンサルティングチームは弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・建築士・不動産コンサルタント
のメンバーから組織されています。

毎回、皆様の相談をお受けしておりますが、
やはりそのご相談いただく内容については、1つの専門家では解決できないことがございます。


例えば、「相続の問題・対策」では資産の評価または時価、相続人の選定(登記名義人について)、資産の構築とその運用、不動産の維持管理などさまざまで、各専門分野の専門家の知識が必要になります。
それを税務だからといって、税理士のみに相談すると、時として税務ばかりに気を取られ権利関係を見落とすなど失敗する場合もございます。
「相続対策」といえども税務だけではなく様々な問題が混在しています。

そのような問題は、
各専門分野から検討しなければなりません。
それぞれの専門家の知識をもって、
多面的に各専門分野の「各論」からその問題に対処(検討)し、
最終的に「総論」として問題を丁寧に分析し、解決することが重要です。


 そのためには、私たちが開催する「無料相談会」は各専門家がご相談に応じますので、
大変貴重な機会だと自負しております。
よろしければ一度、お気軽にお越しくださいませ。


詳細については下記の通りです。
よろしくお願いいたします。


             記

開催場所:メルパルク京都4階 研修室2
      075-352-7444
      (京都市下京区東洞院通七条下る東塩小路町676番13)
       ・JR京都駅(烏丸中央口)から東へ徒歩2分
       ・駐車場105台(有料)

開催時間:15:00 ~ 16:30
主催者 :一般社団法人 相続ビフォーアフター


*予約希望の方は、
   予約ダイヤル:075-643-1088
          または、
          075-465-6557(お屋敷商会 石松)まで。
                                      以上



 





17:17 コンサルティング(一般)

各専門家がチーム結成!

2011/08/27
法律、税務、不動産コンサルティング業務などの「死角」

先日、私たちは、
弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・
一級建築士・不動産コンサルタントのから成るチームを結成しました。

そのチームを結成させていただいた経緯を少したいと思います。

以前から不動産の資産運用、相続対策として、
まざまなご相談を皆様から頂いておりました。

不動産の資産運用、相続対策には法律・税務をはじめ、
いろいろな角度から考えなければならないことがたくさんあります。


お客様の個々の案件によって、その業務の方向を検討し、
そのレールを敷くのです。

そのレールの中身は私どもコンサルタントの立場から、法律から、税務から、といった具合にさまざまです。

例えば、
お客様がある相続問題を税理士に相談すると、税務のみを処理されて、
他のその税理士専門外の内容については、
たとえば、それが法律問題であれば、
その税理士の知り合いの弁護士に紹介するというようになることが多いです。
 
さらに、その相談の中で不動産に係ることがあれば、またその弁護士の知り合いの不動産業者に・・・、
なります。

 そうすると、その3人の専門職の意見を総合的にまとめて考えるのは、そのお客様になるのです。
お客様は専門的な知識がないので、その3人の専門職の中に「まとめ役」が存在しない場合、
最悪は「たらいまわし」状態になり、大変苦労されるのです。

お客様の相談したい問題には、
いろいろな分野の問題が混在している場合がございます。
 
各専門職の内容は、いわば、「各論」で、その各論の業務は正しいと思いますが、
「総論」的な角度から見たときに、
その専門職からは見えない「死角」が存在することがあります。
ここでいう「死角」とは、「各論では発見できない業務を見逃す」という意味です。

よって、各専職間の「死角」をなくすため、
お客様が相談したい内容は最初、「総論」的に検討し問題解決に向けたレールを敷くべきだと思います。

よって、、
そのようなお客様が、
専門職の「たらいまわし」にならないよう、
各専門職間の「死角」を他の専門職が互いにカバーするよう、
私たちは弁護士・税理士・その他専門家を結集し、
その中心にお客様の問題を置いて、
皆でともに話し合い、その問題に対処するために、法人を組織(一般社団法人)するに至りました。

このチームが、
今後、皆様のお役に立てるよう、
がんばっていきたいと思います。

何かあればお気軽にご相談ください。
予定ですが、各専門職が同時に出席する、
「無料相談会」を平成23年9月に予定しています。
その際には、再度、このブログでもご報告させていただきます。
 
弁護士・司法書士・税理士無料相談と同じように、
ご希望あれば是非、この機会をご利用ください。



*乱筆・乱文・不適切な表現についてはご容赦くださるようお願いいたします。















12:38 コンサルティング(一般)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。