FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2016/09/18
 
「空家対策」について


平成25年における総務省の「住宅・土地統計調査」によると我が国の空家総数は約820万戸となっており、総住宅数に占める割合は13.5%と、実に7軒に1軒が空家という事になっていました。

管理されていない空家が増加すると、空家は勿論、荒廃し、さらにこの影響で、
景観の問題、ゴミの不法投棄、犯罪者の出入り、放火、犬猫の糞尿問題などさまざまな悪影響を及ぼしかねません。

管理不全状態の空家の放置は、所有者の金銭的な問題や共有所有者の権利的な問題等さまざまな問題が原因と思われますが、万一、近隣などに被害が発生した場合、このような問題は所有者の管理責任問題として扱われ、所有者がその損害を賠償しなければなりません。

このような事態を背景に平成27年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行、さらに平成28年1月に国土交通省が提示した「住生活基本法」も改定され空家を減少させるためその対策に本腰を入れたわけです。


弊社は空家に関してのさまざまな問題やご質問に対応させていただいております。
「空家」問題には上記以外に建築基準法とその修理工事、権利の関係、さらには相続問題と税金問題等がふくまれる場合も少なくありません。

これらの問題を解消するためには各専門家(弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士、建築士、不動産コンサルタントなど)が必要な時には私どもは各専門家とチームを組み(一般社団法人を設立)対応しております。

問題が解消されたら賃貸物件としての運用、売却など次の方向が見えてきます。
また、何らかの理由があり、運用も売却もせずに最低限の修復工事(現状維持工事)と空家管理だけの希望であれば、
「管理」だけの業務も行っております。
*「管理業務とは」・・・外部確認・清掃、除草・室内・認・通気・換気・通水・巡回報告書・郵便物の転送など

「空家」についてご質問などございましたら、いつでもお気軽にご連絡をお待ちしております。

窓口: お屋敷商會   連絡先075-352-1700  担当 石松 中尾

スポンサーサイト
11:09 コンサルティング(一般)

不動産コンサル

2016/09/13
「相続物件の運営」は、
不動産投資に関係する知識を学ぶチャンスです!


皆様、大変ご無沙汰しております。

さて、今回は一般的な相続に関係するお話です。
既にお亡くなりになられた被相続人Aさんの残された不動産があった場合、その不動産をどのようにして
運用するか、または処分するか?
勿論、家族構成、相続税の納付額とその納税時期など、多々問題がありますので、あくまでも参考です。

不動産には、
①自宅(住宅)、②マンション、ビル③ガレージ等さまざまな種類にわかれますが、
どの不動産に関しても、よく考えて、運用すれば相続人の資産として十分に活用できる方法がいくつもあります。

被相続人が必死の思いで維持管理してきた不動産を「たたき売る」事は簡単ですが、
よっぽどの理由がないのであれば、運用方法を考えて相続人のお子様やご親族の今後の大切な資産としてこれからも
資産として残せたらいいですよね。


相続税見直し、各種保険、税金の上昇など、今後の私たちの老後の生活を考えるとたくさんの不安が山積みの現代に、
不動産を自分のお金を払って買うのではなく、いわば「棚から牡丹餅」で手に入れた不動産と思えれば、
運用にも大きな利益を考えず、「少しでも利益があれば良い」、という事で運用も十分可能な場合があるのです。

不動産を運用して得るお金も大切ですが、過去に不動産投資(運用)を経験したことがない方であれば、
不動産投資(活用)をする事でそれと同時にそれまでに、とかく関係のなかった関係税務や法律、
金融機関からの借入金利などの知識も勉強できるチャンスでもあります。

実際、不動産を運営すると維持・管理するための運転資金や税金対策など、
すぐにいろいろな大きな問題に直面することも多く、
悩み悩んでいろいろなことを考えざる負えない場面に直面し、自然に勉強出来るのです。

そのような時に、私どもがお客様のご相談をいただき、その都度、アドバイスをさせていただきます。


これからの日本では格差社会がさらに広がるといわれています。
その理由の一つとして、裕福な方は「不労所得」を得ている方が多く、
金銭を貯蓄する手段の一つとして、皆さんも「不労所得」にチャレンジする機会を是非、活かしてください。




(連絡先)
不動産コンサルティング会社(賃貸管理・売買・工事その他)
お屋敷商會  代表者 石松陽一
電話075-352-1700


 
11:49 相続コンサルティング

2015/09/12
「相続」の前に考える可能な限りの税金対策。

今回は相続対策の一つとして、今回のような案件もある、という案件をご紹介させていただきます。
今回の案件は現実的には相続はもう少し先のことですが、現在の税金対策も兼ねてどのようにさせていただくか?
というようなお話でした。

このオーナー様は賃貸マンション2棟を所有されており、
一棟つは築10年、もう一棟は築50年という建物でした。

いつものように、私たちの社団法人メンバーである各士業(税理士・司法書士など)の先生方と
この方の案件を話し合ってみました。
そして、現在の状況で改善できそうな諸問題が見つかりました。

そのお話を簡単にご紹介させていただきます。
このオーナー様は2棟の賃貸マンションを所有されていますが、
うち1棟は減価償却も既に終わり(建築時の借入資金の残債もなし)、限られた少しの経費しか発生しておらず
相続までに現金(資産)も自然に貯まってしまう、私からはうらやましい状況でした。
さらに、その所得のおかげで納付されている所得税金も高額になっていました。
(勿論、所得が増加すると市府民税も連動し高額になります。)

そこで、「税金」と「権利」との関係を各専門家で集まり議論し、
その結果、家賃収入を親族に移行し、さらに、このオーナー様の所得税の分散と今後の収益も
軽減することができそうな方法が見つけられました。
そして、そのオーナー様にご説明をさっそくさせていただき、手続きをさせていただきました。

このように相続対策は「税金」と「権利関係」を考えることで、「相続前の対策」として、今できる諸問題で事前に、
手を打つことができました。
 (また、「権利関係」では将来のトラブルになることも回避できるよう、この度の税金の事をきっかけに、
  現在、潜んでいた問題も同時に発見し、解決することができました!)

そのオーナー様には非常に喜んでいただいたことは言うまでもありません。


相続コンサルティングは各士業の先生方が一体となり、一つの案件を多方面から各々考えれば、
このように素晴らしい良い案が出る場合がたくさんございます。


そのようなことでお悩みの方がおられましたら、
是非、私どもの「専門家集団(弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・建築士・不動産コンサルティング技能士)」、

一般社団法人 相続ビフォーアフター 075-352-1707  (担当者:石松)まで、
お気軽にお電話ください。


又、いろいろな案件がございますのでご紹介させていただきます!



                                                                   石松 陽一


17:43 コンサルティング(一般)

大変ご無沙汰しています!

2015/04/19
皆様、大変ご無沙汰をしています。
少々、この1年、何かと忙しくブログ更新が「お留守」になり大変失礼いたしました。

本日はここ最近の業務についていろいろありますが、概略のみですが報告いたします。

「相続案件」です。
この案件は複数ございましたが、その中でもおおよそ1年がかりで
ようやくひと段落がついた案件がありました。
この案件は生産緑地の解除(一部)の課題が前提で残した農地の利用をどうするか?
また、一般的な法定割合での分配のみではなく、一部、被相続人の遺言による分配が行われました。
一時はどうする事が一番いいか?考えましたが、
分配につきましてはご家族皆さんがご協力をされ、次に近い将来予期される第二次相続をも
考慮した「相続」で、とりあえず無事に終了いたしました。

被相続人は遺言の時点で税金のこと、第二次相続のことなどをあまり考慮せず分配(遺言)されたところがあり
ましたが、相続人の各々が今の現状といろいろな法律を理解し、さらに今後の二次相続の事も十分に話し合われ、
その結果、被相続人がお亡くなりになられた今、何らぎくしゃくすることもなくひと段落いたしました。
勿論、被相続人の意思を尊重した結果になった事もご報告させていただきます。

「相続」は本当にいろいろなケースが存在し、毎回思うのですが、
マニュアルなんてものはなく改めて相続案件は簡単にはいかないことが多いと実感いたしました。

やはり最終はご家族の話し合う「力」・理解しあう「力」ですね。


(ご報告)
私どもの会社を下記に移転いたしましたのでご報告させていだきます。

新住所:京都市下京区黒門通り五条下る柿本町594番地37
連絡先:075-352-1700

ご縁あり会社を移転させていただきました。
今後も引き続き、不動産業務(お屋敷商會)、
建築業務(有限会社 えんま堂)、
コンサル業務(一般社団法人 相続ビフォーアフター)につき、
小さな小さな零細企業ですが、できるだけ社会奉仕・職業奉仕とともに、
時代背景を考慮しながら私たちの業務にさらに精進してまいりたいと思います。

皆様、今後とも改めてよろしくお願いいたします。

代表者 石松 陽一
10:58 相続コンサルティング

無料相談会のお知らせ [平成25年12月4日]

2013/10/26
「無料セミナー会&無料相談会のお知らせ」
平成25年12月4日(水)開催!!




皆様、大変ご無沙汰しています。

年内最終の無料セミナー会&無料相談会を開催させていただくことに
なりました。
詳細は末尾記載の通りです。

毎回、申し上げておりますように、
無料相談会を開催させていただく私どもの社団法人は、
各専門家が集結し一般社団法人で組織している
コンサルティングティームです。

このコンサルティングチームは弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・建築士・
不動産コンサルタントのメンバーから組織されています。

「職業奉仕」として定期的に開催しているものでございます。


毎回、皆様の相談をお受けしておりますが、
相談いただく内容についてはいろいろございますが、
例えば相続問題を考えますと、「相続の問題・対策」では、
まず、資産の評価、路線価だけでなはく時価額なども把握しなければならない時がございます。
また、相続人の選定(登記名義人について)、事前には遺言、税務、権利関係を整理しなければなりません。
事後には相続資産の構築とその運用、不動産の維持管理なども相続後といえ、大切な相続問題の一つでございます。
そうすると、一人の専門家だけではその問題を見落とすことも少なくないのです。
しかし、各専門分野の専門家の知識があればより安心です。


私どもは、さまざまな問題を各専門家の立場・角度から相続問題を検討し、
結果、よりよい解決方法を導き出すためのチームなのです。


私たちが開催させていただく「無料相談会」は各専門家がご相談に応じますので、
大変貴重な機会だと自負しております。

この度は同時に弁護士より無料セミナー、「相続の基本知識について」も同時に開催いたします。
よろしければお気軽に一度、お越しくださいませ。




                    記
開催日時: 平成25年12月4日(水)
      ・無料セミナー「相続の基本知識について」: 13:30 ~ 14:30
      ・無料相談会                  : 15:00 ~ 16:30

開催場所: 京都商工会議所 第1会議室
      075-212-6400(代)
      (京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町240番地)
       ・地下鉄「丸太町」駅下車 6番出口(JR京都駅から地下鉄で約10分)
       ・駐車場  京商ビル駐車場[有料]

  
主催者 :一般社団法人 相続ビフォーアフター


*予約希望の方は、
   予約ダイヤル:075-466-6767
   受付時間  :9:00 ~ 16:00(土・日・祝は休日)


          
16:31 コンサルティング(一般)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。